ハワイでの生活

なぜ、ハワイでの生活なのか?

こう感じる方もいることでしょう。今まで、多くの方が私たちに質問されて来ました。

南国なら沖縄でもいいのではないか?と思われる方も多いですが、私たちは明確に答えを持っています。

それは、「ハワイほど新たな自分自身を発見出来る場所はないから」

この一言に尽きます。

直行便があるとはいえ、ハワイまでは羽田&成田から片道約7時間かかります。

そして、行くまでの準備が日本旅行と比べて実に煩雑。

行こうと思った時からフライトまでの期間に行う準備が沖縄旅行と比べて何倍もかかるのですが、この準備期間が既にDURサポートプログラムの始まりなのです。

貴方が行くのは国内ではありません。時差が逆転する南国です。

行くに当たっての準備は旅の始まりであり、その準備期間は非日常の始まり。

ハワイに合わせた服装を用意し、ガイドブックを購入し、ドルを準備し…と、今までの日常では無かった行為がフライト前から始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライト当日、2時間前に空港に到着するよう向かいます。

出国手続きを終え、いよいよ搭乗手続きが開始されました。

7時間という長時間のフライトは何をして過ごしますか?機内放送を見ても良いでしょう。

到着してからのスケジュールを確認するのも良いでしょう。これも今までの生活では無かった行為です。

到着後、直ぐに入国審査で外国人との英会話が待っています。たどたどしい単語を並べるだけの英会話なんて、今までの生活に有ったでしょうか?

空港でDURスタッフと合流してからも、昨日までとは全く違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港を出た瞬間から空気が日本と違うのを感じて頂けることでしょう。日差しの強さも日本とは違います。

乗り込む車は左ハンドルで、走行路線が日本と逆になっていることに途惑うことでしょう。途惑いながらもコンドミニアムに向かうまでの間に日本では売っていないようなジュースを飲み…と、全てが非日常。

日本では何年かけても体験出来なかったことが、怒涛の波のように押し寄せて来ます。

DURサポートの目的である最初の「分解」に、これほど適していることは有りません。

14日間の異国の旅で、今までの疲れている心を分解し、心が求めていることを理解し、新たな自分を再構築する…ことが、DURサポートの最大の目的です。

投稿日:03/15/2019 更新日:

Copyright© [DURサポート] , 2020 All Rights Reserved.